ホワイトニング歯磨き粉の種類と効果、安全性について

「歯を白くキレイにしたいけれど、できるだけ手軽に済ませたい」という方は、ホワイトニング歯磨き粉の使用を検討されることかと思います。

また、ここ最近ではドラッグストアにたくさんのホワイトニング歯磨き粉が並んでおり、誰もが気軽に手に取れるようになりました。

今回は、ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分や効果、使用の際の注意点について詳しくご紹介していきます。

① ホワイトニング歯磨き粉に含まれる成分

TOOTH PASTE

ホワイトニング歯磨き粉

一概にホワイトニング歯磨き粉といっても、含まれている成分がメーカーや製品によって異なります。また、配合成分によって「歯を白くするメカニズム」が大きく異なることを覚えておきましょう。

成分1:研磨剤

研磨剤は、その名の通り歯を研磨する作用が期待できる成分です。一般的には、炭酸カルシウムや水酸化アルミニウム、無水ケイ酸(シリカ)などが研磨成分として含まれています。

成分2:ポリリン酸

ポリリン酸は、歯の表面に付着した汚れを取り除きやすくする成分です。

また、ブラッシング後も歯の表面をコーティングして、再び汚れがつくのを防いでくれます。

成分3:漂白成分

漂白成分とは、歯科医院で取り扱っているホワイトニング剤に配合された成分です。具体的には「過酸化水素」や「過酸化尿素」が該当します。

日本では原則的に、これらの成分はオフィスホワイトニングやホームホワイトニングでしか使用することができません。

ただし、海外のホワイトニング歯磨き粉にはこれらの成分が配合されていることがあります。

ホワイトニング歯磨き粉の種類と効果

TOOTH PASTE

ホワイトニング歯磨き粉は、配合されている成分によって3つのタイプに分けることができます。

それぞれのタイプと期待できる効果についてご紹介します。

(1)研磨剤タイプ

ドラッグストアで販売されているホワイトニング歯磨き粉のほとんどは、研磨剤タイプのものです。

炭酸カルシウムやリン酸水素カルシウムといった研磨効果の高い成分によって、歯の表面を研磨します。

その結果、ステインなどの歯の表面に付着した汚れがきれいに除去されて、歯が持つ本来の白さを取り戻すことができます。ただし、歯を漂白する効果はないため、歯本来のお色以上の白さは期待できません。

(2)ポリリン酸タイプ

ポリリン酸タイプの歯磨き粉は、歯の表面に付着したしつこい汚れを落とす作用が期待できます。

これは、ポリリン酸が歯質を構成しているアパタイトと結合しやすい性質を帯びているためです。

ただし、ポリリン酸タイプのホワイトニング歯磨き粉も漂白効果はないため、中度~重度の着色・変色にはあまり効果が期待できません。

(3)漂白成分配合タイプ

過酸化水素や過酸化尿素といった漂白成分によって、歯を白く漂白するタイプの歯磨き粉です。

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと同様の成分を含むため、歯質の内部にまで入り込んだ汚れも分解することが可能です。

漂白成分の濃度が低いため、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと同等の効果は期待できませんが、3つのタイプの中では最も歯を白くする効果が高い歯磨き粉といえます。

研磨剤の含まれる歯磨き粉の注意点

TOOTH PASTE

ホワイトニング歯磨き粉の注意点

研磨剤が含まれる歯磨き粉には、以下に挙げるようなリスクがあるため、使用には細心の注意が必要です。

エナメル質を傷つける

エナメル質は、人体で最も硬い組織のひとつです。

しかし、研磨剤タイプのホワイトニング歯磨き粉でゴシゴシとブラッシングすることで、目には見えない細かな傷をエナメル質に付ける恐れがあります。

つまり、大切な歯質にダメージを与えてしまうことがあるため、注意が必要です。

黄ばみの原因になる

エナメル質が傷つくと、傷のついた箇所に着色や汚れがたまりやすくなります。

研磨剤の入った歯磨き粉を使用することでエナメル質が傷つき、傷部分に新たな歯の黄ばみを生じさせてしまうことがあります。

また、エナメル質が摩耗していくことで、その下に存在する黄みがかった象牙質の色が透過され、黄ばみを強く感じるようになる恐れがあります。

ホワイトニング効果を期待して研磨剤を含む歯磨き粉を使用すると、反対に歯の黄ばみが強くなってしまうことがあるため注意が必要です。

知覚過敏の原因になる

エナメル質が削れることで、歯の神経に刺激が伝わりやすくなることがあります。一般的に「知覚過敏」と呼ばれる症状です。

痛みが強かったり、長引いたりする場合は、歯磨き粉の使用を中止する必要があります。

漂白成分の含まれる歯磨き粉の注意点

TOOTH PASTE

漂白成分を含むホワイトニング歯磨き粉は、基本的に日本で製造・販売されていません。

過酸化水素や過酸化尿素といった漂白成分は、正しく取り扱わないと痛みや知覚過敏の原因になる恐れがあるため、歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニング治療のみで使用が認められています。

特に日本人はエナメル質が薄いため、知覚過敏を起こしやすいと言えます。

安全かつ確実に歯を白くしたい方には、歯科医院で行うオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングをおすすめします。

まとめ

TOOTH PASTE

ホワイトニング第一人者・石井さとこ先生

一概にホワイトニング歯磨き粉と言っても、含まれる成分には違いがあります。

また、それぞれの成分の効果の違いや注意事項を知らないで使用すると、反って歯の黄ばみが強くなってしまったり、知覚過敏や痛みを伴ってしまう恐れがあります。

「確実に歯を白くしたい」「安全にしっかり歯を白くしたい」という方には、歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニングをおすすめします。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングによって、口もとを安全かつ確実に白くキレイにすることが期待できます。まずは無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町店

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)

Copyright© whitewhite All Rights Reserved.